情報みがくネット

Just another WordPress site

*

貯金箱にたまった小銭。手数料無料で両替したい時は?ゆうちょ銀行編

      2018/06/28

こんにちはミガクです。皆さんは貯金箱に小銭がある程度の枚数が貯まって両替したいときってありませんか?

dsc_031622
普段からさりげなく貯金箱に貯めた小銭。

その多くが1円・5円・10円などの硬貨だった場合、大量の小銭のままで会計出すのは恥ずかしいし、お店の店員さんも困ってしまいますね。
小銭がコインカウンターに収まる程度の枚数なら許してくれそうですが、レジの人や後ろで待っている人に、すっごい迷惑をかけてそうです。
そこで今回は、貯金箱などに貯まった硬貨を、使いやすい紙幣に両替したいと思います。

スポンサーリンク

銀行で大量の硬貨を両替する時は、基本的に手数料がかかります。

銀行によって、両替のサービスや手数料に差がありますが、
タダで硬貨や紙幣の両替してくれません。
私が小学生の時は、地元の銀行が無料でサービスしてくれた気がしますが、
この前、仕事でつり銭の両替が必要でしたので、銀行に行った際に手数料いくらか支払いました。
時代とともに、有料サービスに変わってしまったのですね。

そういう訳で今回わたしは、ゆうちょ銀行に行きました。
最初に誤解がないようにしたいですが、ゆうちょ銀行で紙幣や硬貨の両替サービスは行なってません。
ゆうちょの窓口に行って両替を頼んじゃダメですよ~。

ゆうちょ銀行を利用して手数料無料で、小銭を両替する方法

ゆうちょ銀行の口座を持っていれば、簡単に両替できます。

その方法は、ゆうちょ銀行に貯金箱の小銭を、いったん自分の口座に預金して、
すぐにATMで下ろす方法です。自分の口座に預金をするので、手数料は発生しません。

スポンサーリンク

郵便局の窓口に行き、自分の預金口座にお金をいったん預ける。

dsc_031722

まず今回、持って行くのは「貯まった小銭」と「ゆうちょ銀行の通帳」を用意します。
そういえば、ゆうちょ銀行通帳を、黒いデザインにしたのですが、オシャレな気がして個人的に好きです。

■ステップ1

窓口に行って職員さんに、持って来た大量の小銭を自分の口座に預金したい事を伝える。

■ステップ2

持って来た小銭と通帳を職員さんに預けます。私の場合、容器ごと預けてしまいました(^-^;)

そして、職員さんが硬貨の枚数を機械で数えてくれるので、イスに座って待ちます。

■ステップ3

混雑ぐあいで待ち時間も変わりますが、数分で硬貨の集計が終わって呼ばれました。
貯金を申し込む用紙に、窓口の職員さんが、出してくれた明細票の【合計金額】と、【通帳と同じ名前】、
連絡先の【自分の電話番号】を記入して、入金処理が終わるまで待ちます。

■ステップ4

窓口で、入金の記帳が終わった通帳を受け取りましたら、ゆうちょ銀行のATMへ行くと、
いま預けたばかりのお金でも手数料無料で下ろすことができました。これで無事、小銭の両替ができました。

ゆうちょ銀行のATMで小銭を預ける・引き出す事も出来る。

小銭を大量に預けるのは、ちょっと気恥ずかしい人も中にはいるかも知れませんので、
窓口ではなく、自分でATMに小銭を預けて引き出すことも可能です。

ただ、時間がかかる、混雑時に迷惑がかかるかも知れない方法の為、オススメしません。

dsc_031822

理由としては、硬貨を預け入れる投入口に自分で1まい1まい入れなければいけない事。
すっごく時間かかってしまうので、ATMが1つしかない所でしたら行列が出来てしまいますね。

ちなみに私は、10枚くらい入れた段階で、あまりの面倒臭さにギブアップしてキャンセルしました。

そして、一度に受け入れられる枚数も、1円硬貨とか5円硬貨など金種関係なく100枚まで。
しかも、その途中に詰まって故障したり、何らかエラーが出てしまうと結局、
郵便局の人にお世話になってご迷惑をかけてしまいます。

以上のことから、私は今回は窓口で小銭を預けて、ATMで引き出しました。

まとめ

今回、ビンに半分くらいの1円玉と10円玉を持っていったのですが、
2千円くらい貯まっていました。
塵も積もれば山となるっていいますけれど、1円玉貯金の場合は、貯まると使うのが大変ですね。

スポンサーリンク

 - お役立ち情報