情報みがくネット

Just another WordPress site

*

ひきこもりの節約。大手キャリアから格安スマホに乗り換えてみた感想

   

こんにちは。
自宅にwi-fiを導入してからというもの、
休日は家にひきこもってスマホで何時間も動画を見たり、
タブレットでブラウザゲームをしています。

自宅のwi-fiを普段から利用していると、
スマホのデータ通信が、使わなくなってきたから
もう少し安い料金プランに変えたいと、思うようになりました。

screenshot_2016-11-03-19-19-332

自宅のwi-fiを導入する前は、
スマホのデータ通信を沢山使っていたので、
私のパケット料金は定額のプランで毎月5700円掛かっていました。
しかし、自宅でwi-fiを利用するようになってからは、
スマホのデータ通信量は、外では動画やゲームを利用しないので、せいぜい3GB未満です。

そして地味に、ひと月の消費税の金額が気になります。

これだけで、ハンバーガーセットが注文できそうな金額です。

12ヶ月で単純計算すると6千円オーバーです。

screenshot_2016-11-03-19-16-532

それならデータ通信プランを3GB未満に変更すればいいのでは?
と最初は思いましたが、安いプランに変更だけしても、
データ通信量が少し安くなるくらいで、
変更した月から、またキャリアの2年縛りが始まります。
契約更新時期以外に契約を解約しようとすると、
解約金(違約金)発生するものです。
正直、私はこの2年縛りに、うんざりしていました。
2年ごとじゃなくて、好きな月に解約させて欲しいと個人的に思います。
また、スマホの端末も2年前に購入したAndroidなんで、
そろそろスマホも新しいものに機種変更したいと思いましたが、
新しいスマホを買い換える予算も、あまりありません。

スマホに掛かる月々の料金をもっと安くしたい。

けれど今のご時勢、他のキャリアにMNPで乗り換えたとしても、
せいぜい、機種代が少し安くなるくらいで、
毎月の料金は、いま契約しているキャリアと、あまり変わりません。
そこで、私が興味を持ったのが、格安SIMと格安スマホです。
あまりデータ通信を使わない人は月々2000円で済むという格安SIM。
最低利用期間も1年くらいのプランを選べば、
それ以降は違約金が発生しない格安SIMは魅力的です。
今回、私は2年縛りの更新月だったので、
格安SIMに電話番号そのままで乗り換えてみました。

どこの格安スマホの業者にしようかな?

長年連れ添ったけれど、料金を安くしてくれるなど
そういうサービスはが特になかった大手キャリアから、
格安SIM業者(MVNO)に乗り換える決心をした私。

でも、どこの格安SIM業者にしたらいいんだろうか迷いますね。
選ぶ基準は、自分に合った格安SIM業者を探すことです。
私の場合は今回、楽天モバイルに乗り換える事にしました。
理由は、キャンペーンでSIMと、
スマホ端末の両方を契約・購入のセットで申し込みをすると安かったからです。
あとは、楽天カードを持っているので、
スマホの利用料金が楽天カードの支払いだと、楽天ポイントが
貯まって使えるという所が気に入りました。
電話の繋がりやすさは、あまり電話機能を使わない為、
気にしませんでしたが、楽天モバイルはドコモに回線を分けてもらっているので、
安定してそう。

現在、契約しているキャリアにMNP予約の申し込みをする

大手キャリアから楽天モバイルへMNP(番号そのままで乗り換える)準備をします。
まずは、いま契約しているキャリアに電話してMNP予約番号をもらいます。

MNP予約を電話で申し込みすると、
契約を継続してくれたら、
機種変更に使えるポイントが貰えると言われましたが、断りました。

MNP予約番号を発行したら、楽天モバイルにネットで申し込み

スムーズにMNP予約番号を発行してもらい、
次は、ネットで楽天モバイルにMNPでSIMの契約と、
スマホ本体の購入をセットで申し込みをしました。
申し込み時に、「楽天モバイル開通受付センターに電話して開通する」に、
チェックをしない場合、SIMカードが届くまで、2~3日通話できません。
もし、通話が出来なくなると困る場合は、チェックを入れましょう。

SIMフリーに対応しているスマホを持っていない。

スマホ本体を、SIMフリー対応の機種に新しく購入しました。
私が使っていたシャープの303SHは、
SIMロックが外せない機種なので、
スマホ本体を買い換える必要があったからです。

いま使っているスマホ本体のまま、大手キャリアからSIMフリーに変更したい場合は、
使用してるスマホが、SIMフリーに対応しているか確認する必要があります。
SIMロックが解除出来て、SIMフリーに対応している機種の場合は、
SIMカードだけ申し込み契約をして、スマホ本体はそのまま継続して使うこともできます。

申し込み手続きが完了。

こうして、格安SIMへ乗り換え手続きの申し込みが完了したのでSIMカードと、
スマホ本体が届くのを待ちます。
この間に、前キャリアを自分で解約してはダメです。
楽天モバイルは、MNP転出が成立したタイミングで、前キャリアが解約になるので、
自分で前キャリアの解約は行なわないで下さい。

私の場合、楽天モバイルに10/30の夜に申し込んで、
11/1にSIMカードとスマホ本体が届きました。
申し込み時に、「楽天モバイル開通受付センターに電話して開通する」に、
チェックを入れたので、開通受付の電話をします。
開通受付の電話をすると、翌日の何時から何時までに切り替わります~。
というアナウンスが自動音声で流れてきました。
ちなみに、開通受付の電話をした当日は、
まだ前キャリアからMNP転出が成立してませんので、
前キャリアの解約は自分でしないように気を付けて下さい。

SIMカードの初期設定・接続設定

dsc_03022

ダンボールに入っていたスマホ本体にSIMカードを自分で入れます。

dsc_03023

まず、SIMカードを分離します。この小さいカードをスマホに挿入します。

SIMカードを挿します。これで切り替えの予定時刻になれば
MNP申し込みした電話番号で利用が、このスマホで出来るようになります。
あとは、データ通信は初期設定が必要です。
説明のプリントに従って初期の接続設定をしていきましょう。

スポンサーリンク

 - 生活