情報みがくネット

Just another WordPress site

*

楽天カードの受け取り方法や本人確認って?実際に作ってみた体験談

      2018/02/21

こんにちは、ミガクです。
今回は、パートを辞めて再び無職になる前に、
私は前々から、やっておきたい事がありました。
それは、楽天のクレジットカードを作っておくことです。

カードを作ろうと思ったきっかけですが、
現在、使っているスマホの使用料金の支払いが、
月々7000円以上となっており、
これから無職になる人間には、非常に優しくない金額です。
そこで格安の楽天モバイルに、乗り換えようと思っているのですが、
その際に、楽天カードがあるとスマホ利用料金の、
支払いの時にポイントが貯まって少しでも節約になりそうだったからです。

しかし、楽天カードというとテレビCMなどで、
配達員さんに玄関先で免許証などを見せて、
本人確認してからクレジットカードを、受け取れるようになっていますね。

なんとなく便利そうなシステムですが、
私にとって、このシステムがひっかかって、楽天カードの申し込みにいままで踏み切れませんでした。
本人が不在の場合は、配送業者がカードを持ち帰り、期限まで受け取れない場合は、
カード会社に差し戻しされてしまうからです。
そういった事で、ここ数年間は、
楽天の通販を利用するときは、他社のカードを使っていたので、
ポイントの恩恵もいまいちでした。

スポンサーリンク

以前、勤務時間が、朝の9時から夜の9時過ぎまでという事もあり、
私は家にいない事が多いのに、いつの時間帯に配達されるかわからない。
本人じゃなければカードの受け取りが、出来ないという事で諦めていたのですが、
今回は、勤務時間が短いパート勤めで、
家に居る時間のほうが多いし受け取れる可能性が高い!と考えて、
楽天カードをダメ元で申し込みをしてみました。
結果、無事にカードを受け取る事ができた私の体験談を紹介していきます。

楽天で申し込んだカードの発送方法と受取方法は?

新規で申し込みしたカードは、下記いずれかの発送方法で送られてきます。

・佐川急便(株)「受取人確認サポート」の場合

自宅へ配達時に佐川急便(株)の人に、本人確認資料を提示して、
佐川急便(株)の人が、本人確認を行ったうえで、カードを受け取る事ができます。

※受け取りの際は、申し込み時と同じ氏名・生年月日・住所が記載された本人確認資料を
佐川急便(株)の人へ提示する必要があります。

【「受取人確認サポート」受取時に必要な本人確認資料】
下記のいずれか1点
※氏名、住所および生年月日の記載があり、かつ、荷物を受け取る際に有効なものに限ります
・運転免許証(もしくは運転経歴証明書)
・パスポート(日本政府発行のもの)
・在留カード
・外国人登録証明書
・特別永住者証明書

下記資料の場合は、補完書類と合わせて2点での確認が必要となります。
・健康保険証
・年金手帳

・日本郵便(株)「本人限定受取郵便」の場合

日本郵便の配達支店から、カードが到着したことをお知らせする到着通知書が届く。
到着通知書の案内に従い、日本郵便(株)の配達支店に配達希望日・時間帯を連絡して、
申し込み時に入力した自宅住所にて配達員へお申し込み時と同じ住所が記載された本人確認資料を
本人自身で提示して、本人確認を行ったうえで、カード受け取りが出来ます。

なお、日本郵便の窓口で受け取りを希望の際は、
到着通知書ならびに申し込み時と同じ住所が記載された本人確認資料を提示する必要があり、
本人のみ受け取る事が出来ます。

スポンサーリンク

本人限定受取郵便で必要な本人確認資料とは?

下記のいずれか1点
(氏名、住所および生年月日の記載があり、かつ郵便物・荷物を受け取る際に有効なものに限ります)
・運転免許証(もしくは運転経歴証明書)
・健康保険、国民健康保険または船員保険等の被保険者証
・パスポート(日本政府発行のもの)
・在留カード
・特別永住者証明書
・外国人登録証明書(在留の資格が特別永住所のものに限ります)
・個人番号カード(顔写真付)
・住民基本台帳カード(顔写真付)
・官公庁が発行した身分証明書(顔写真付)
・共済組合員証
・国民年金手帳
・運転経歴証明書
・年金手帳
・公の機関が発行した資格証明書で写真付のもの(療育手帳、身体障がい者手帳等)

日本郵便(株)「簡易書留」の場合は?

自宅と、申し込みの時に入力した住所が同じであれば、
本人に限らず、家族でも受け取りができます。

※受け取り時の注意点
・あらかじめ配達日時の指定ができません。
・申し込み時の住所と受け取りの住所が相違した場合、カードが届かない場合があります。
楽天カードの場合、上記のうち、いずれかの方法で送られてくるようですが、
こちらでは、発送方法の指定をすることが出来ません。

カード申し込みから受け取りまでの1週間

【10月9日の夜に楽天カードを申し込み完了】
ネットで申し込みをする時に、
運転免許証をお持ちの方は、番号を入力して下さいと、
あったので、少しでも信用をあげる為に運転免許者番号も入力。
その日の夜のうちに、カード発行手続き完了のメールが届き、
【カードのお届け方法について】
転送不要の簡易書留郵便でカードを配達いたしますので、
郵便局の「転居・転送サービス」はご利用いただけません。
カードはお申し込みからおよそ1週間程度で届きます。という事が知らされました。
この時点で楽天カード会社が、カードの配達方法をメール内の文章で、
知らせてくれていましたが、私はこの一文に気付かないかった為、
カードが届くまで、佐川か日本郵便かわからないまま、ソワソワしてしまいました。
皆さんは気をつけて下さいね。

【10月12日に、カードがもうすぐ届くというホットメールが届きました。】

【気になることが出来たので楽天のサポートセンターに電話】
いま住んでいる実家の現住所と免許証の住所が異なる為、本人確認書類を求められた際に、名前が一緒でも、
現住所が本人確認書類と相違するのでカードが、受け取れない可能性が出てきてしまいました。
焦ってスマホから楽天のサポートセンターに電話をしたのですが、
混雑していた為、自動音声から、オペレーターまでにつながるまで少しだけ待ち時間がありました。

有料なので、こういう場合、オペレーターまでに繋がる通話時間が気になりますね。
電話料金が気になる方は、IP電話やSkypeなどから直通電話番号に連絡をすると、
遠距離通話であっても安く通話が出来るようです。

さて、電話が繋がり、オペレーターに事情を話すと、
もしカードが受け取れなかったら、その場合は担当者からご連絡が入ります。
と言われ、今の時点ではどうすることも出来ない状態になっていました。

メールの一文に気付かない私は、カードが届くまでの間、
本人確認書類で悩むことになります。ムムッ!
皆さんがカードを作る時には、免許証の住所更新など、前もって確認することをオススメします。
【10月15日の夕方に楽天カードが到着】

私の不在時に日本郵便の「簡易書留」で配達され、
一緒に住んでいる、私の家族が封筒を受け取り、
パート先から帰宅後、無事にカードを受け取ることが出来ました。

スポンサーリンク

 - 日常生活