情報みがくネット

Just another WordPress site

*

喪中はがきに気付かず年賀状を出してしまった場合どうすればいい?

   

毎年、年賀状のやり取りをしている知人から、

「喪中につき、年頭のご挨拶をご遠慮させて頂きます」

といった内容の喪中はがき(年賀欠礼)が自宅に届いていた事に気付かずに、

うっかり年賀状を送ってしまった場合、どうすればいいのでしょうか?

喪中はがきを送る意味

まず「喪中はがき」は毎年、年賀状を交換し合っている人に、

近親者が亡くなったので喪に服している為、

こちらは年賀状などの年末年始の挨拶が出来ないという事前通告です。

その為、喪中はがきを受け取った側も、

喪中の方には年賀状を出さないというのが一般的な習慣となっています。

年賀状を喪中の方が受け取ってはダメという決まり事はありませんが、

身近な人を亡くして気分が沈んでいるときに、喪中はがきを送った相手から年賀状が届いたら、

「ちゃんと喪中はがきが届かなかったの?」

「こちらは喪中はがきで、送ったのになぜ?」

と、あらぬ誤解が生まれてしまう可能性がありますね。

喪中はがきに気付かず年賀状を出してしまった場合は

もしも、喪中の相手から事前に年賀欠礼を受け取っていたにも

かかわらず年賀状を喪中の相手に送ってしまった場合どうすればいいのでしょうか?

喪中はがきは、自分が新年の挨拶をしないという意味であって、

相手からの挨拶を受けないということではありません。

けれど、一般的に、相手から事前に喪中はがきを受け取った場合は、こちらも年賀状を出さないというケースが多いです。

しかし、こちらが早めに準備をして年賀状を投函した後に、

後から相手が喪中だという事を知る。という場合も少なからずあります。

そんな時は、電話や手紙のやり取りが出来る親しい間柄なら、

すぐに相手にお悔やみの言葉を伝えて、年賀状を出してしまった事情を

話してお詫びの気持ちを伝えると、あらぬ誤解が生まれなくてよいでしょう。

そこまで親しい間柄ではない。という場合は、

寒中見舞いのハガキで、お悔やみの言葉と、

年賀状を出してしまった事に対して、お詫びするといいでしょう。

【文例】

寒中お見舞い申し上げます。

このたびはご服喪中と存じ上げず年始状を差し上げ、たいへん失礼致しました。

○○様のご逝去を心よりお悔やみ申し上げます

日ごとに寒さが募る時期ですので お体を大切にお過ごしください。

まとめ

こちらに悪気がなくても、

受け取られた方は怒らないまでも、戸惑う可能性が少なからずあります。

お電話やハガキで、一言差し上げると、お互いにスッキリいたします。
ご参考になれば幸いです。

 

 

スポンサーリンク

 - 季節の行事