情報みがくネット

Just another WordPress site

*

お正月飾りはいつまで飾る?お正月飾りの意味や片付ける時期は?

   

a0027_000231

日本の年末はクリスマスが過ぎたら,すぐにお正月の準備と忙しい感じがします。
お正月の飾りは、もう用意しましたか?
クリスマスが終わった翌日には、
スーパーの店頭に、お正月飾りが売り出されているので、
好みの物を選びたい時は、早めに購入して置いたほうがいいですよ。

お正月飾りはいつまでに飾る?

12月28日まで飾り終えましょう。
29日は「苦の日」、31日は「一夜飾り」で縁起が悪いとされています。

お正月飾りの意味は?

【お正月飾り】 

お正月飾りは年神様を迎えて、
これからの一年間の福をお願いする為の目印です。
【門松】
門松は神様が降りてくる目印、玄関や家の門に飾る地域が多いです。
3本の竹を松で囲み、荒縄でぐるっと結んであるものが一般的です。
門松に使われているものにも意味がありまして、
竹は真っすぐ伸びた節が長寿をイメージすることから、縁起が良く、
竹の切り口は「笑口」に似ていることから「笑う角に福来る」ともいわれています。
梅は、ほかの花より早く花を咲かせることから繁栄の意味。
松は、樹齢が長いので神様が宿るといわれています。

【しめ飾り(玉飾り)】
周囲の場所を清め、年神様を迎えられる神聖な場所です。という目印になります。
こちらは玄関の軒下に飾って下さい。
しめ飾りに使われているものにも意味があります。
だいだい(橙)家が「代々」栄える願いが込められているんです。駄洒落みたいですね。
ゆずりは(譲葉)新しい葉が出てから古い葉が落ちることから、
家系を絶やさないで子孫繁栄を願っています。
うらじろ(裏白)常に緑の葉っぱであることから長寿を願う意味があります。
【しめ飾り(輪飾り)】
台所やトイレなどの水回りに飾る用のしめ飾りです。
こちらは、玄関のしめ飾りよりシンプルな、わらで輪に編んだお飾りですね。

【鏡もち】
鏡もちは、年神様へのお供え物です。
地方や家庭によって、飾り方は異なりますが、
末広がりの28日に飾ると、縁起が良いとされているので、鏡もちは28日に飾ってみてはいかがでしょうか。

 

お正月飾りの片付け時期はいつ?

門松を片付ける時期は?

門松は、年神様が滞在している松の内と呼ばれる期間を過ぎたら片付けます。
一般的に松の内は1月7日までとなっていますが、
地域によって小正月と呼ばれる1月15日までを
松の内として、その日まで飾っておく地域もあります。
1月7日までの地域は、7日の深夜か8日の早朝などに。
1月15日に片付ける地域は、14日の深夜か、15日の早朝に片付けます。
大雪も降りやすいこの時期は、
天気予報をみて片付ける前日の夜にやってしまうと雪かきに専念できますね。

しめ飾りを片付ける時期や処分方法は?

しめ飾りも、松の内がすぎたら片付けます。
しめ飾りは、毎年新しい物を用意しますので、
今回使ったしめ飾りは、地域によりますが神社で1月15日に、
【どんと焼き】を行なっている所が多いので、
その機会にお焚き上げしてもらうのといいですね。

私が住んでいる地元では、
1月14日の夜に【どんと祭り】という祭りがあり、
神社境内でキャンプファイヤーのように、
各家庭で役目を終えたお正月飾りを盛大にお焚き上げする祭りがあります。
地域によって日付や場所が異なるので、神社まで持って行くことが出来ない場合は、
自宅で簡単に燃えるゴミや粗大ゴミに出しても大丈夫です。
そのまま捨てるのはしのびないという方は、
塩を飾りに振りかけて、お清めしてから、新聞紙などに包んで捨てると丁寧です。

スポンサーリンク

 - 季節の行事