情報みがくネット

Just another WordPress site

*

マカフィーから引き落とし。身に覚えのない更新料の請求がきた。

      2018/06/27

こんにちは!私はパソコンのセキュリティ対策ソフトに、マカフィーリブセーフを導入して3年近くになります。

今回、6月25日にマカフィーリブセーフの有効期限がせまっていたので、先月から「そろそろ更新したほうがいいよ」とパソコン画面に表示されていたのですが、契約更新を1年版にするか3年版するか迷って有効期限ギリギリまで放置していました。

ところが今回、クレジットカードの先月分利用明細が手元に届いたのですが、身に覚えのない請求が届いたのです。

マカフィーから引き落としがされていた。いつまに更新の契約したのか?

利用内容/利用店舗は『MCAFEE *WWW.MCAFEE.COM』と記載されています。

「MCAFEE……あ、なんだ。マカフィーか。そういえば3年版の契約が切れる時期だったから、先月に自分で更新したのを忘れているだけかな?」

私はこのとき疑問に思いつつも、このときはまだ「マカフィーリブセーフの期限切れ30日前の自動更新」というシステムに気付いていませんでした。

私は以前に、パソコンのセキュリティソフトに「マカフィーリブセーフ(3年版)」をクレジット支払いで購入しています。

でも、いつの間に更新したのか、自分がどの期間の契約プランでマカフィーに契約更新したか思い出せません。

そこでまず、自分のパソコンにインストールされているマカフィーのマイアカウントを確認しました。すると、365日ちょっとの日数が有効になっていました。これを見ると、先月に行なわれた更新は1年版の契約で購入手続きされています。

「あれ?1年間の有効ならもっと料金安かったような気がする(^^;)自分、何か更新手続きミスったかな?」

クレジットカードの請求できた金額は、1年版の標準価格の8208円のままという金額。

「あれ?おかしいな」ここで違和感が。

なぜなら先月に更新を検討していた時点では、マカフィーの利用料金が割引された価格で契約更新できる状態だったからです。それなのに、値引きもされない標準価格料金のまま自分が、マカフィーの契約更新を実行したとは思えませんでした。

スポンサーリンク

マカフィーの契約自動更新サービスがオンになっていた。

そこで、ネットで「マカフィーリブセーフ 請求 身に覚えのない」で検索してみたところ、真っ先に出てきたマカフィーの公式ホームページに契約関連のQ&Aのところに解決糸口がありました。

公式ホームページの説明によると、オンラインでマカフィー製品をクレジットカードで購入すると、契約の自動更新が標準で有効に設定されているので、有効期限終了日の30日前に自動的に期限を1年間延長して課金されるという事が判明しました。

そして、自動更新がいやなら自分でマイアカウントにアクセスして、自動更新の部分を有効から無効に設定し直す必要があるという事が説明されていました。

これをみた瞬間、マジかよ。聞いてねーよ。っと思わずつぶやいてしまった。

自動更新される際に、60日前にお知らせ案内メールが届くらしいのですが、マカフィーアカウントの登録メールアドレスが、今は使用できない昔のアドレスのままにしておいたため、自動更新契約の案内メールが届かなかったのです。

使用しているメールアドレスを変更したときは、めんどくさがらずに登録アドレスを変更すべきでした。反省。

しかーし、こういう自動更新設定どうせなら、割引キャンペーン期間中をいたるところで展開しているときは、自動更新設定をしているユーザーにも割引キャンペーン価格でやってほしい気がしますわぁ。

既存客をもっと尊重してほしいですね。自動更新設定というシステム、サービス微妙スギィ。

そう思って、読み進めていると同じページの説明文に、「なお、課金日から60日以内であればカスタマーサービスセンターで返金を行うことが出来ます」と記載されています。あ、親切対応。ありがとうございます。ただし、無事に返金されればの話ですが。

60日以内が返金対応可能とわかれば、さっそく返金の問い合わせをすることを決心。果たして結果はいかに?

スポンサーリンク

結果としてマカフィーさん、あっさり自動更新の料金を返金対応をしてくれました。

マカフィーカスタマーセンターのオペレーターさんと連絡がつながりさえすれば、その日の内に返金手続きをしてくれました。

ただし、オペレーターさんにまでたどり着く道のりが、私の場合はスムーズにいかなくて時間がかかりました。

まずマカフィーカスタマーセンターに問い合わせの連絡をするには、「チャット」か「電話」でやり取りする方法があります。

電話は通話料金が有料でしたので、私はパソコンでのチャットを迷わず選択しました。個人向け製品サポートのメールフォームから

  • マカフィー製品の返金希望
  • お名前
  • お電話番号
  • ご登録いただいたメールアドレス
  • クレジットカードに課金された料金・カードに課金された日

といった情報を入力して、次に進みました。

しかし私の場合、一番最初の問い合わせのさいに、チャットを選んだものの、システムをよくわかっていなかったので、

  • 『マカフィーサポートとチャット中です。』という小窓がパソコン画面に表示される
  • メッセージが表示「接続しています…」
  • 「接続しました。サポート対応者がすぐに対応いたします」

この間、体感5分くらいの時間の流れを感じました。※実際は1分くらいだと思います。

「なにこのチャットって?なんか待っても(たかが1分くらい)何も新しいメッセージ出てこないし閉じよ」

マカフィーサポートのオペレーターさんがチャットに現れるまで1分も待てずにチャットを閉じて終了してしまいました。

人間、心に余裕が持てないとわずかな時間も待てないもんなんですね。我ながら余裕がなかったなぁと感じますね。

そしてマカフィーから入力した情報を元に、問い合わせを受け付けたというメールが届いて、いったん待つことにしました。

ちなみに次の日は土曜日。カスタマーセンターは土日は休みです。なので、もう夜になるし返信がくるのは来週かな?と思い様子見することにしました。

そして月曜日。夜になっても音沙汰なしだったので、火曜日にもう一度だけ問い合せ方法を調べてアタックすることにしました。

なんやかんやでチャットで問い合わせを再チャレンジすることになり、この日の午後1時頃、チャットの小窓を開いて待つこと1分……。

「マカフィーサポートとのサポートセッションを確立しました」

お、反応スピードが前回と違う!

マカフィーさん「お問い合わせありがとうございます」

あ、メッセージがあらわれた。今回早くない?

マカフィーさん「チャットサポート担当の○○と申します」

え、AIとかじゃなくて、中の人がいるんだ。

てっきり機械的なシステムでチャットの会話形式が進むと勝手に思い込んでいました~。

こうしてチャットでのメッセージのやり取りで返金手続きをして頂けることに決まりました。

返金手続きしてもいったん引き落とされる。

返金される料金は、登録しているクレジットカードにマイナスの売上げを計上する方法で返金処理されます。(ちなみに、クレジットカードで買い物をした時の返金処理にかかる日数は一般的に1~2ヶ月くらいといわれています)

とにかく、結局今月に8208円、私の銀行口座からクレジット会社に一度は今月分利用料として引き落とされてしまいます。まぁこれはクレジットカードのシステムなので仕方ないみたいですね。

スポンサーリンク

 - 日常生活