情報みがくネット

Just another WordPress site

*

当たると評判の占い本「ゲッターズ飯田の2018年版五星三心占い」を読んでみた

      2018/01/26

バイト帰りの寄ったコンビニで、夢も希望もないアラサー喪女の私がつい気になったのが「ゲッターズ飯田の2018年版五星三心占い」という占い本。

疲れて気分が塞いでいると、ついスピリチュアル的な物に引かれてしまうアタイ(´・ω・`)

しかもこの占い師さん、雑誌とかテレビでもよく見かけるから、余計に気になった!

この占い本では、自分の生年月日に該当する命数を早見表で割り出して、そこから自分のタイプがわかるのですが、タイプの呼び方が無機物や伝説上の動物などで分けられていて面白いです。

五星三心占いでは、こんな感じのタイプに振り分けられます。

金/銀 羅針盤【命数1~10】

金/銀 インディアン【命数11~20】

金/銀 鳳凰【命数21~30】

金/銀 時計【命数31~40】

金/銀 カメレオン【命数41~50】

金/銀 イルカ【命数51~60】

各々のタイプで「金」か「銀」については生まれた西暦年が偶数だと「金」で、奇数だと「銀」になります。

私は命数が「55」で、「銀のイルカ」でした。このラインナップだとイルカって普通な感じがしました。キューキュー!

イルカの鳴き声ってこんな感じだったような。気になった人は、あとでシロイルカという異名を持つ、電脳youtuberシロちゃんの動画でも観ながら確認してみて下さい。

とにかく、銀のイルカは五星三心占いの中で2018年は最も運気がいいそうです。

今年は銀のイルカが中心となって世界を動かすくらい運気が最高の1年!な~んて素敵な事が書いてあったのでつい上機嫌になって、そのままレジに持って購入しちゃいました。最初は立ち読みで済ませようとしたけれど、つい家でゆっくり読み返したくなりました。

占い本なんてムダ使いしている場合じゃないのにね!あ~私ってば単純だわ。

でもたまには、「今年は自分にとって良い年だ!ヒャッハー!!」ってポジティブな思い込みをして、自分を鼓舞しないと絶望感で死にたくなってしまう。だから。こういう息抜きは悪くないと思いますん。

2018年「銀のイルカ」タイプの人が開運するためには?

この占い師さんいわく、運気がいい時期というのは、何もしなくても幸運がやってくるという意味じゃないそうです。

そのためには、開運につながる行動をスタートさせるべし!ってことで銀イルカの開運3ヶ条が載っていました。

1・いろんな人と遊ぶ

2・スキルアップの為の勉強をする

3・大きな買い物をする

運気がいい年といわれているのに、幸運を実感できない人は、やれる事をしていない、人の手助けや役立つ行動を積み重ねていないからだそう。

え、そうなの?いままでちょっと勘違いしてたかも……。何もしなくても幸運がひっきりなしに向こうからやって来る訳じゃないそうです_| ̄|○ ガクッ

そういえば過去、別の占い師さんの本で出会いがあるって書いてあったのに、恋愛イベントが発生しなかったのは、家で毎日スマホゲームしていたから今現在も彼氏がいないんですかね。(まぁ、ゲームでは素敵な二次元世界のキャラと出会いがありましたので、あながち外れではないかも)

これも自分の選択した行動がもたらした結果だというなら、今回の好運気では、新しい事を勉強してみようと思います。

また、同じ銀のイルカでも命数別で51から60で開運3か条や総合運が微妙に細かく違ったりするので、気になった人は購入して調べてみるのもおススメです。

ちなみに私は命数が55なので開運3か条が、

1・家計簿を付ける

2・思い切った買い替えをする

3・人の集まる場所に顔を出す

さっそくダイソーで家計簿ノートを買ってきて財布からレシートを取り出し家計簿をつけています。

思い切った買い替えや、人の集まる場所に顔を出すのはハードル高いですが、もう少し暖かくなったら挑戦してみますかね。

スポンサーリンク

 - 買って良かった物