情報みがくネット

Just another WordPress site

*

夜中に痒くて目が覚めたら全身に蕁麻疹。全然治まる気配がないので病院に行った時の話

      2018/04/13

昼夜逆転でどうしようもなく不健康な生活を送っています。

午後3時に起床、午前7時に就寝といった感じで、ここしばらく日光にろくに当たっていません。ヤバイよヤバイよ~。

でも、昨夜は疲れていたのか、午後10時前に普通に眠れました。ところがしばらくして、身体のあちこちがかゆくなり起きてしまいました。この時は真夜中の0時過ぎ。かいても痒みが治まらないどころか、次々かゆくなる範囲がひろがっていくので「おかしいな?」っと思って照明の電気を付けたらびっくり、太股、腕、お腹に、蚊にプクッっと何箇所も刺されたようなふくらみが広範囲に複数出来ていて、皮膚が赤くなっていました。うわわわナンジャコリャー!

まさか、ここまで体に蕁麻疹が出ていると思わず、寝ているときに遠慮なくかいてしまった。皮膚を傷つけると余計に悪化するので、なるべくかかないようにしないといけません。が、尋常じゃなくかゆくて我慢が出来ません!

私の蕁麻疹の原因は何だろう?

いままで蕁麻疹がでた事はありますが、ごく一部の範囲です。ここまで全身に蕁麻疹の症状がでるのは初めてです。どうやったら治まるのか……。

このままでは、かゆすぎて眠れないので「蕁麻疹 全身」で検索して、原因を調べてみることにしました。

まず、出てきたのが原因の多くにあげられるのが「食べ物アレルギー」です。しかし前日、これといって思い当たるような変わった物は食べていません。食事の内容は普段どおりの食べ慣れているものばかりです。

あとは布団で寝ていたときに蕁麻疹が出たので、ダニ等の虫さされが原因も考えられました。そういえば布団しばらく干していない。カバー洗ってないからダニが布団にいっぱい生息してそうです。明日は朝イチで洗濯することを心に決めました。

スポンサーリンク

電気毛布だとかゆみがひどくなる。

就寝時に電気毛布の設定をいちばん「強」にしたままだったので、布団が暑くて寝苦しい気がしました。それで電気毛布を消して寝てみたら寒いですけれど、先程より痒みが楽になった気がしてきました。それで、今度は掛け布団をよけて、部屋の寒い空気で全身を冷やしていたら、だんだん蕁麻疹の赤いプツプツが薄くなってきた気がしてきました。でも寒いです。かゆみがマシになっても寒くて寝れない。

蕁麻疹の痒み、今度は別の場所に次々と。

電気毛布を消して体温が下がったことで、蕁麻疹の症状が治まってきましたが、寒さにまけてつい、部屋のヒーターをついONにしたら数分もしない内に、ジワジワとしつこい痒みと共に、蕁麻疹が浮き出てきました。しかも、さきほどとは別の部分に蕁麻疹の症状が移動しています。どうやら、部屋の温度が上がってもかゆくなってしまうようです。

しかたないので、寒さに震えながら布団の中でスマホでグラブルしながら朝を待ちました。

翌朝になっても蕁麻疹が治まらないので病院へ行った

左腕の蕁麻疹が消えかけたと思ったら、右腕に浮いてきたりと、蕁麻疹の症状が翌朝になっても長引いていました。

この日は朝から布団カバーやシーツの洗濯をしたり、部屋の掃除をすることに。

このとき、まだ病院に行く予定はありませんでしたが午前10時を過ぎる頃になると、まぶたや目の下あたりに蕁麻疹の症状が出てきました。「これは皮膚科にいかないとヤバイやつだ」と思い、いったん掃除を止めて皮膚科のお医者さんに診てもらうことを決意。

病院に行く時に持って行くもの

・保険証(病院の診察券を持っているときは診察券も忘れずに)

・お薬手帳

・現金が入った財布

病院に行く時は、この3つは、うっかり忘れないようにしたいですね。

受付の人に「今日はどうされましたか?」といわれたので、夜中に蕁麻疹が全身にいきなり出て治まらない事を伝えました。

診察室に呼ばれて、お医者さんにまず受診の際に言われたのが「症状が今日いったん治まっても、2~3週間は病院通ってね。蕁麻疹は治るまで時間かかるよ」と言われました。

あとは、急に全身の蕁麻疹っだったので、食物アレルギーの疑いがあるかもしれないという事で昨日は何を食べたのか聞かれました。「いつも通りの物しか食べていない」と言ったら、「食べなれている物でも人によってはそれが蓄積されて、ある日突然アレルギー反応として出ることもあるよ」と言われました。う~ん。肉、小麦粉、そば、乳……一通り食べてしまっているので、原因の食べ物の特定は難しい。

ということで、この日は血液検査の為に先に血液を採取した後、症状を緩和する注射をうってもらう事に。はぁ~注射は痛いから嫌だな。我慢我慢。

ちなみに今回の血液検査の結果が分かるのは、大体1週間ぐらいといわれました。

次は検査結果が分かる一週間後に病院に来ようと思っていたら、明日も注射する必要があるので来てね♪と言われてしまいました。蕁麻疹、めんどくさいですね。

【ピンチ!】病院の会計の際にお金が足りない!

「本日お会計OOOO円です」

「はいはい、7千いくら…あ。」(えっ!3割負担なのに!?なんか診察料いつもの7倍くらい高いんですけど!!)

そう、今回は血液を採取して行なわれる「アレルギー検査」をしたからです。思っていた以上の金額だったので慌てました。

そのとき財布に5千円札しかなかったので「すみません、手持ちが足りないんでいったん家に戻ってもいいですか?」と、情けないですが事情を正直に話して保険証を病院に預けたまま、お金を取りに家に戻って無事お会計は済ますことができました。

その後、薬局に行って一週間分の飲み薬&ローション分の会計を済ませて帰宅。病院で注射を打ってもらったとはいえ、すぐには蕁麻疹と痒みは治りません。さっそく飲み薬を飲んで、赤くなっている部分にローションを塗って様子見です。

そのおかげか、痒みは若干ありましたが寝ることができました。

翌日も病院に行きました。

病院に行った翌日の朝、足以外は痒みと蕁麻疹も治まってきましたが、蕁麻疹はまだ少し残っています。

病院に行くのが面倒でしたが、午後に行ってきちんと診察を受け、昨日と同じ注射を打ってもらいました。うう、二日連続で注射。

その後、一週間はとくに蕁麻疹が出ることもなく過ごせました。

スポンサーリンク

アレルゲン検査結果の発表

一週間後、再び病院に行ったらアレルゲン検査の結果がわかりました。

今回は検査項目が『吸引系』18項目、『食餌系』20項目、『その他』1項目。

全部で39項目のアレルゲン測定値が印刷されたプリントを貰いました。

それによると、基準範囲の測定値クラスが0~6段階と分けられていまして、

クラス0(判定:陰性)

クラス1(判定:疑陰性)

クラス2~6(判定:陽性)

私の場合、『吸引系』の「ハウスダスト1」と「ヤケヒョウヒダニ」の項目がクラス4(陽性)判定でした。

あとは「スギ」がクラス2、「カモガヤ」「オオアワガエリ」クラス1判定といった感じ。他はぜんぶ陰性判定。

この結果からみると今回の蕁麻疹の原因は部屋の埃や、ダニみたいですね。

掃除をしないだけで、手痛い出費が今回出てしまいました。

これからは定期的に掃除しようと思いました。汚部屋はお金が出て行きます、本当。

スポンサーリンク

 - 日常生活