情報みがくネット

Just another WordPress site

*

イスに座っているとお腹が苦しい。オナラがしたくなるので授業を受けるのがつらい。

      2017/05/19

こんにちは、ブログ管理人のミガクです!

今回は、私がクラス内のヒエラルキー最下層の小・中学生だった頃の暗黒時代の話です。

むかし、私は授業中にイスに座って授業を受けるのがメチャクチャ苦痛でした。

なぜかというと、授業開始20分くらい過ぎる頃になると、お腹が張ってオナラがしたくなるからです。

あと授業中なのに、お腹がやたら「グルグルグル……」っと腹すかせたモンスターのような鳴き声を出す始末。勘弁してくれよ。お腹が盛大に鳴ると、意味もなくイスを引きずってごまかしていました。

ここまでは私の中では百歩ゆずってOKです。しかし授業中に何度もオナラが出そうになることはマズイです。

こんな様子なので、授業の内容に全然集中できません。

だって授業中はいかに「お腹の音をごまかし、いかにオナラを耐えるか。」この2つに全集中力をそそいでいましたからね!

授業中によくオナラが出そうになって困る

休み時間中にトイレに行けば?って思いますよね。でも、トイレに行っても思ったほどガスもう○こも出てくれないんですよ。

授業中にオナラが出やすくなる原因は?

授業中に座っていて、先ほどの私のような状態になるには原因があります。

その一・自律神経がみだれて、胃腸が正常な機能を発揮していない。

脳に緊張や精神的なストレスを感じてしまうと、自律神経がみだれてしまうことがあります。

あなたは普段、歩いたり、物を掴んだりするのに自分で意識をして行動をコントロールしていますよね。でも意識して体内の内臓を動かしたりするのは出来ません。ほとんどの人は無意識に動かしています。

それは「自律神経」が内部のコントロールを担当しているからなんです。

やっかいなことに、緊張やストレスで自律神経がみだれるとお腹が過剰に反応して、胃や腸内の動きが鈍ってしまい、腹痛や便秘・下痢になってしまうことも。また、胃腸の動きが悪いとトイレに行ってもオナラのガスが上手く出せずに、お腹のなかに溜まってつらい症状が出ることもあります。

その二・お腹にガスがたまりやすい状態である。

食事の仕方、生活習慣で、腸内にガスがたまりやすいような状態の場合です。

たとえば、便秘。お腹の下腹がぽっこり出ている人は、お通じがわるくて便秘の人が多いようです。う○こがたまって排出されないと、お腹で腸内ガスがたまりやすくなります。そんなときに、授業中に長い時間、背中を丸めてイスに座っていれば、腸が圧迫されてオナラの一つや二つ出てしまいそうになります。

オナラは人間は誰だってします。

しかし、家ではオナラは平気でできますが、授業中の教室内で突発的なオナラは恥ずかしくて出来ません。

授業中にオナラがひんぱんに出そうになる。改善方法は?

てっとり早いのが、市販の整腸剤を飲んで腸内の動きを整えたり、朝にお腹にたまった腸内のガスを解消することです。

でも、市販薬がすぐに購入できない……。そんなときは。普段の生活の仕方で改善できる方法もあります。

改善その一、食事の仕方で気をつける事

食事はゆっくり噛んで、静かに食べるようにしたほうがいいです。大きい口をあけて早食いするひとや、喋りながら食べている人は空気も食べているので、過剰にお腹のガスが作られやすくなります。あと、お芋を食べた後に、オナラって出やすくなりませんか?ご飯、パン、芋、豆などのでんぷんが多い食事を食べ過ぎると腸内にガスが作られやすくなります。あとは甘いモノや炭酸飲料、カフェインなどの胃を刺激のするものは、飲みすぎるとよくないのでほどほどにしたほうがいいです。

改善その二、腹筋運動をして、上手にオナラを出せるようにする。

オナラのガスは健康なときでも体内で作られます。そのため定期的に体の外に排出しないといけません。

でもトイレに行った時に、たしかにお腹は張っているのにオナラが出なくて困った。

そんなときは、オナラを排出する力が鈍くなってしまっているようです。

オナラを体内に溜めないように排出するには、「腹筋の力」もかかわってきます。

腹筋が弱まっていると、腸の動きも鈍るのでガスが出しにくくなります。適度に腹筋を使うような運動をして、鈍った腸を活性化するようにしてみて下さいね。

スポンサーリンク

 - 健康