情報みがくネット

Just another WordPress site

*

スーパーの品出しパートに受かったのでオリエンテーションに行くことに。

      2018/03/22

こんにちは。私はワケあって(生活費が底をついた。ネット通信費の支払いなど)
ハローワークで求人していた、スーパーの品出しのバイトに申しこみました。
そして前回のブログ記事:『スーパーのパート採用試験。筆記試験ってどんな問題?』といった感じでドキドキの筆記試験を乗り越え、晴れて採用されました。
それから半年間、スーパーでお仕事させて頂き……辞めました。(・ω<)てへぺろ

今回は、そんな私のふがいない体験を元に、アルバイトあるあるの一つ、オリエンテーション参加についてお話させて頂こうと思います!

スポンサーリンク

採用が決まると、「オリエンテーション」へ行くことになります。

アルバイトのオリエンテーションというのは、
かんたんに言うと、新人さん向けの事前研修・教育説明会です。
このオリエンテーションには、賃金が発生する強制で参加しなくてはいけない場合と、賃金が発生しない任意で参加するの2パターンがあります。

オリエンテーションにかかる時間や、給料が発生するかどうかは、私のいままでの経験から様々です。
昔、はたらいていた飲食店のオリエンテーションは、
「これたらでいいんだけど、オリエンテーションで、制服とアルバイトのマニュアルを渡したいから来てください」
といわれ参加したところ、大体40分くらいで終了し、その日のバイト代などは特に発生しませんでした。

今回の品出しのバイトのオリエンテーションは、大体4時間ほどの強制参加のオリエンテーションです。

電話で、説明会の当日に持ってくる持ち物を言われますので、
採用通知がきた時は、あらかじめそばにメモを用意しておきましょう。

私の場合は、
・筆記用具
・給与を口座に振り込むのために必要な銀行通帳のコピー
・お弁当(お昼休憩があった)

オリエンテーションの内容って?

アルバイトのオリエンテーションには、
業種や内容で違いがありますが、大体は接客業で共通しているのは、
・雇用契約書の説明
・シフトの確認・打ち合わせ
・名札や制服・エプロンなどのユニフォームの貸し出し。
・企業の説明や店舗ルールの読み合わせ(勤怠のつけかたや、休憩の取り方など)
・従業員入り口や更衣室、休憩室の使い方の説明と避難経路の案内。
・挨拶の仕方(笑顔・お辞儀の角度をチェックされます)
・接客用語の唱和(声が小さすぎると、OKが出ません)などです。

スポンサーリンク

オリエンテーション当日の様子

当日は、面接のときと似たような私服を着て、お店の従業員専用の入り口から入りました。

オリエンテーションをする前に、まずは名札・制服を渡され、更衣室で制服に着替えることに。

靴は、履いてきた黒い革靴で問題といわれたのでそのままです。

お店のユニフォームに着替え終わると、会議室にような場所に行き、そこで説明を受けます。

今回の参加メンバーは私以外にも居て、同じ時期に採用された別の部署の、二十歳前の若い女性の方と一緒に受けました。

そして、計5時間(途中1時間はお昼休憩)のオリエンテーションを無事に終えました。

後日、出勤初日の休憩にいく途中、オリエンテーションでお世話になった、事部の人と通りすがりに会い、「○○さんどう?やっていけそう?」と声をかけられました。

私「はい、なんとか」

人事「そう!よかった。じつは○○さんとオリエンテーション同時に受けた人なんだけど昨日、初出勤して今日辞めてしまったんだ。○○さんは頑張ってね。ファイト!」

私「そうなんですか~はは。頑張ります~(嘘だろ決断が早すぎる。そんなにヤバい職場なのかココ?)」

まぁ、仕事内容や職場の雰囲気が合わないと思ったら、早々に見切りを早く付けて転職するのもありだと思います。

スポンサーリンク

 - 仕事