情報みがくネット

Just another WordPress site

*

宮城県角田市の桜。隠れた名所といわれる高倉公園 の桜の見ごろはいつ?

      2018/04/14

宮城県内の桜の名所といえば、大河原町の白石川堤一目千本桜が有名ですが、地元の人しか知らない桜の隠れた穴場スポットがあります。県南部にある角田市の、高倉公園です。日本庭園を思わせる雅な趣がある公園には、ソメイヨシノやエドヒガンザクラなどの600本の桜の木が川沿いに植えられています。

角田の桜の見ごろはいつ?

高倉公園の桜は4月上旬から花が咲き始め、4月中旬頃が見ごろのピークです。見事な桜を観賞できますが、あまり知られていない場所なのでお天気のいい日には、お子さんを連れてゆっくり桜を楽しむことができます。また公園なので遊具や砂遊びも出来ます。

高蔵寺さくらまつり

こちらでは新たに観光スポットとして売り出すため2017年春に、【高蔵寺さくらまつり】というイベントを4月8日~4月16日まで期間限定で開催しています。

角田市の高倉公園までのアクセス

阿武隈急行線【角田駅】から車で約15分。

東北新幹線【白石蔵王駅】から車で約15分。

東北自動車道白石インターチェンジから車で約25分。

公園利用者の駐車場(無料)

大型車3台・普通車30台。

旧佐藤家住宅と高蔵寺阿弥陀堂

また、角田市といえば、歴史的に重要な国指定の有形文化財の旧佐藤家住宅と高蔵寺・阿弥陀堂があります。高倉公園に隣接されているので、お花見の際にはぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

旧佐藤家住宅は、江戸時代ごろの仙台領内の本百姓(農民)の典型的な一軒家です。こちらは室内も無料で見学ができます。見学できる時間帯は午前9:00~午後4:00まで。

高蔵寺は宮城県最古の平安時代に建てられた、歴史を感じる木造建築のお寺です。こちらの拝観には予約が必要となっています。

スポンサーリンク

 - お花見