情報みがくネット

Just another WordPress site

*

お花見サンドイッチ弁当の野菜でべちゃべちゃにしない方法は?

      2018/04/13

春になり外でも過ごしやすい季節になりました。昼食のお弁当にハムやシャキシャキのレタス、スライスしたトマト等の野菜を挟んだ手軽に食べられるサンドイッチを持って屋外で食べるのもいいですよね。

しかし、家で作ってきたサンドイッチをお昼に外で食べようとすると、挟んだ野菜から水分が出てしまいパンがフニャフニャになっていたり、
逆にパンの表面がパサパサしたりして、作ってから時間が経っているとあんまり美味しくないことが多いです。

そこで、お弁当に持って行くサンドイッチ弁当を、お昼の時間も美味しく食べられるように持って行く工夫を調べてみました。

野菜など水分を多く含む食材は水切りをする

朝、水切りしたレタスやキュウリをパンと一緒に挟んで、お昼に食べようとしたら
パン生地が水分を吸っていてベチャベチャしていた事ってありませんか?
生野菜は時間が経つと、水分が出てきて、パン生地がベチャっとなってしまい味が落ちます。
それを防ぐ為には、挟む前に、生野菜の水切りをしっかりする必要があります。

水分が多いキュウリは、パンに乗せる前に、薄くスライスしたら軽く塩を振って数分おいて置くようにします。
すると、塩分の作用でキュウリの中から水分がじわじわ出てくるので、それをペーパータオルで拭き取ってからパンに乗せるようにするといいですよ。
トマトは水分が多い種の部分は取り除くようにして、キュウリと同様に塩を振って水分を出します。
その他に、レタスなどの葉物野菜は、ペーパータオルでも野菜の水切りが出来ますが、
サラダの水切り器(サラダスピナー)の中に入れて、グルグルまわすと遠心力で、野菜の水切りが素早く簡単に出来るのでおススメです。

スポンサーリンク

パンに野菜の水気を移さないようにする

しっかり水気を取っても、生野菜には多少の水分は残っています。
その水気を移さないようにするには、パン側に油分が多いマーガリンやバター、マヨネーズを塗り、挟む野菜の水分をはじくようにするとパンに水気が移りにくくなります。
また、具を挟む順番に工夫してみるのもアリです。
パンと野菜の間に、スライスチーズやスライスハムを敷いて挟むと、
パン生地に直接野菜が触れないのでパンに水分が染み込みにくいです。
水分を含む食材を挟む時は、パンとの間にブロックする物を間に入れてみて下さいね。

パンに挟む具を炒めて水分を飛ばす。

玉ねぎやキャベツなど熱を加えても美味しい野菜は、フライパンで炒めて水分を飛ばしてからパンに挟む方法もあります。

ただし、お弁当用にラップや容器に入れる際には、荒熱を取って冷ましてからパンに挟むようにしましょう。挟んだ具が温かいまま密閉してしまうと、中で蒸気がこもって水滴になり、サンドイッチが傷む原因になってしまいます。

スポンサーリンク

トーストしたパンに挟むイングリッシュマフィンも美味しい

イングリッシュマフィンは、食べる前に焦げ目が付くようにトーストすると、焼きたての美味しさが味わえます。
お弁当にするときは、二つに割ったマフィンの両面を焼いてから、
あら熱を取って冷まし、バターなどの油分を塗って好きな具を挟みます。
パン生地をトーストしているので、具から水分が少し出てしまっても
サクっとした香ばしい食感で食べられます。

サンドイッチの乾燥によるパサパサを防ぐには?

パンをそのまま空気にさらしていると、
その内に酸化や乾燥などでパサついて味が落ちてしまいます。
それを防ぐ為にサンドイッチは、密閉した容器やラップで包んで持ち運びましょう。

保冷材を入れた保冷バッグに入れて鮮度を保つ。

食べ物を常温で持ち歩くと傷みやすいです。
ましてや、生野菜を挟んだサンドイッチなら尚更です。
保冷材を入れた保冷バッグに入れて、サンドイッチを持ち歩けば、中に挟んだお野菜も新鮮な状態でお昼に食べられます。

サンドイッチのオシャレなラッピング方法

お弁当にサンドイッチを外に持って行くとき、
普段はラップに包んだり、崩れないように
お弁当箱や、少し大き目のタッパーに入れたりして持ち運びますよね。

でも、ちょっとオシャレに気分を盛り上げてくれるようなラッピング方法があります。

可愛い柄の組み立て式ランチボックスにサンドイッチを詰める

可愛い柄の紙製の組み立て式ランチボックスに、クッキングペーパーなどを敷き、サンドイッチを詰めると見た目がオシャレです。

また、具をいっぱい挟んであるサンドイッチは、動物等のマスコットが柄についたカラフルなピックを真ん中に差して、崩れないようにするのも見た目が可愛くなっておススメ。100ショップなどでも、使い捨ての紙製の容器やプラスチック製の容器を置いているお店もあるので、チェックしてみて下さい。

英字柄のワックスペーパーにサンドイッチを包む方法。

ワックスペーパーとは、水分や油分がしみにくいように加工されていて、食品にも使える透け感があるオシャレな包装紙の事です。
こちらの包装紙を使って、サンドイッチを包み、可愛い柄のマスキングテープで止めればオシャレな感じがします。
100ショップでもワックスペーパーを、柄を数種類みかける事があったので、見つけたら手に取ってみて下さいね。

スポンサーリンク

 - 日常生活