情報みがくネット

Just another WordPress site

*

仙台のアニメの街コン(アニコン)に女性1人で初参加してみた感想

      2017/11/20

こんにちは。会社の飲み会で終電を逃して朝まで仙台のネカフェで時間をつぶしていたら、店内にアニコンのチラシでが置いてありました。

私は彼氏いない暦=年齢です。出会いがあれば彼氏は果たして出来るのか?

そんな疑問を払拭すべく、平成28年5月29日(日)に国分町で開催された第16回アニコンin仙台に参加してきました。

巷では悪徳業者が開催する街コンもあるようですが、すでにこのイベントは15回も開催されているようです。これだけ何度も開催されているアニコンなら評判は悪くなさそうな気がしたので参加申し込みしてみました!

スポンサードリンク

第16回アニコンin仙台

開催日:平成28年5月29日(日)

開催時刻:15:00
終了時刻:18:00

参加募集人数:男性110人、女性110人

参加条件:20歳~35歳以下のアニメ好き独身男女(1名から参加可能)

参加費:男性7290円 、女性2980円
(女性のみ早期購入割引や、4名以上で団体割引で1名2480円で参加も可能)
支払い方法はクレジットカード決済、コンビニ決済、銀行振り込み

参加7店舗:アニソン酒場、NITENGO、Bar Spiel、ル・クール、FOODS&BAR TRUST、
hANG Out、Drink Eat MusicLUCE

アニメの街コンは1人で参加しても十分楽しめるの?

アニメの街コンは1人ぼっちで参加して楽しめるのか……。
個人的な感想ですが、ちょっとお付き合い下さいませ。

まず、イベントの数日前に当日の受付店舗の案内メールが届きます。
開催店舗は7店舗ありましたが、間違えて指定外の店舗にいってしまっても受付は出来ませんので、
案内メールに記載された受付店舗名をよく確認しましょう。
同じビルに開催店舗が2店舗あったのですが、私は初っ端から階数を間違え、
違う店に行ってしまいました。
キャラクターは不明ですが、可愛いコスプレのイベントスタッフさんに、
「もしかしたら上の階じゃないですか?」と言われてはじめて気付きました。

アニコンがまだ始まっていないうちから痛恨のミスをやらかしました。もうお家帰りたい。お店の看板の確認は大事ですよ。

無事に階段を上って受付店舗に到着

当日の受付登録の時はニックネームじゃなくてフルネームを受付スタッフに伝えましょう。
無事に受付店舗で参加登録を済ませると、最初にカウンターでドリンクを選びます。
ソフトドリンクも用意されているので、アルコールが飲めない人も安心です。
手に紙製のリストバンドを付けてもらい、カウンターで注文した飲み物を受け取ると、スタッフが席に案内してくれます。
参加受付は開催時刻の30分前から始まっていて、
すでに店内には半分くらいの席が埋まっていました。
談笑する声もあちらこちら聞こえてきます。
この時点での男女比率は、ちょっとだけ男性のほうが多い気がしました。
スタート時刻ギリギリで参加するより、余裕を持って受付登録すれば会話できる時間がその分、
増えるようです。基本的に男性:女性3:3などのテーブル席で、
私が案内された席には、男性3人、他の2人の女性がすでに席についてました。
とりあえず、「こんにちは~」と挨拶しつつ席に座りました。
……数分後。まだイベントも開始していないせいか、男性陣はうつむいたまま静かです。
周囲は、にこやかに談笑しているのに対しこの温度差は一体。
無理には話しかけづらかったので、私も大人しく虚空を見つめる事にしました。

気まずい。そんな中、救いの天使が!

このままだと、「何の成果もありませんでした!」ということになりそうです。
そんな気まずい沈黙の中、隣にいた女性が、自分に気さくに話しかけてくれました。
どうやら、その女性も今日は私と同じく1人で初参加のようで、
イベント開始の時間まで楽しくお話させて頂くことができました。
男女問わず、自分から話しかける勇気は必要だと思いましたね。

周りの参加者の年齢層や服装など

中学生時代の頃、はまったアニメや漫画の会話で、なんとなく年齢が予想できます。

今回、参加している男女の年齢層は大体20代から30代前半といった印象を受けました。
ちなみに服装ですが、女性はスカート率が高くて、全体的に身だしなみに気を使っている印象です。

一方、男性は普段着で全体的にラフな感じです。

ちなみに私は上下『しまむら』で、当日の勝負服をそろえました。

お、おしゃれに大事なのは、お金をかける事じゃないから!

ちなみに参加者も事前連絡の上、コスプレOKとのことでしたが、

私のところでは参加者の中でコスプレしている人は見つけられませんでした。

ちょっとコスプレに興味があるので、コスレイヤーさんの話を聞きたかった。残念。

スポンサードリンク

いよいよアニコンのスタート開始

最初は初対面同士、ぎこちない雰囲気でスタートしましたが、
好きなアニメや漫画の話題は話しかけ安かったです。
あとは普段の休日の過ごし方や、地元はどこら辺ですか~?といった具合で当たり障りのない会話が進行していきました。
まぁ、初対面で性癖を丸出しの会話する人間がいたら、
オタじゃなくても、ドン引きされますから私も自重しました。
ちなみに私が初参加ですか?と、男性陣にたずねた所、アニコンに参加するのは2度目、3度目という男性が多かったです。
チケットも開催する1週間前には、すでに売り切れになっているのが普通のようですね。
しかし、なんだろう……。会話で多くの男子達が受けです。自分もどちらかと言えば受け身なので、ちょっと会話の間が開いてしまうのが気まずかったです。

男性は一定の時間になったら席替え移動するシステム

スタッフが、「男性側の席替えをいたします。連絡先をまだ交換してない方は今のうちに~」と声がけして
くれるタイミングでLINEの連絡先交換のやり取りをしていました。
街コンに参加する前は、気になった人だけIDの交換するのかと思ってましたが、
会社の名刺交換挨拶みたいな感じで、今回は同じテーブル席の人達とほぼ全員交換していく流れでした。
案の定、後から「あれ?この人の名前は?顔と名前が一致しない」という自体になりました。
相手の男性側も、たぶん、こちらの顔や会話など覚えていない可能性が大です。

もし気になる人が居たら、相手に自分の印象が残るような工夫が必要ですね。

合コンといえば料理と飲み物

a1180_016351

合コンといえば料理を取り分けてくれたり、相手のグラスがなくなりそうに
なったら注文するという、そつのない気配りできる女の子がポイントの高いイメージです。
しかし、私が今回のアニコンは各自ドリンク、料理は自分でカウンターまで
取りに行く形式だったので、へんな気を使うことはありませんでした。

尿意を感じたら早めに席を立ってトイレに並ぶ

ビルに入ってるお店の広さからいって、店内のトイレは男女各1室ほど。
2~3人は並ぶので、余裕をもってトイレに行くのがオススメです。

開始から1時間半経過。この時点で気になる男性は?

会話や雰囲気はすごく居心地が良くて楽しいのですが、普段から2次元の男ばかりを見つめているせいでしょうか、なかなか恋愛対象で気になる3次元の男性が見つけられません。

ちょうどその頃、店舗移動解禁の16時過ぎていましたので別の店に移動することも出来たのですが、自分1人だけで新しい輪に加わる勇気がない為、このまま座っている席に留まることにしました。こういう場合は複数参加のほうが気が楽ですね。とりあえず料理とドリンクをおかわりしに行きました。お洒落なサラダやフライドポテトが美味しかったです。

閉会30分前ラストオーダー

なんだかんだで楽しく、あっという間に閉会30分前になりました。ここまでくると、LINEの友達欄の数も相当な数に増えます。けれど気になる異性は0人。ちなみに2次会が(18:00~21:00)一番町のカラオケ店で行なわれるのですが、そちらは女性は別途2000円。けっこう高い。参加するかどうか悩みますね。

同じテーブルの女性達は、カラオケの二次会に参加する聞いてみると、電車やバスの時間の都合がある為、今回は参加を見送るとの事。

う~ん、街コンの二次会の女性の参加率が低いといわれるのは、こういった交通事情もあるからなんでしょうね。

歌えないのに2次会に参加しました

すでに二次会が開始して、10分が経過しましたが、結局どんなものなのか気になったので、

カラオケ店の入り口でスタッフに直接2000円を渡し、参加してきました。

カラオケ二次会は、お店の1フロアを貸しきっていて、どこでも好きな部屋に自由に移動できます。

しかし、すでにアニソンで盛り上がっているカラオケ部屋に途中から入るの気まずいです。

扉ごしに、あいている席が多い部屋を探してどうにか座れました。

二次会の男女比率は、さきほどより女性が少ない感じで、男性:6女性:4くらいの割合。

思ったより人数も、そろっていて場の雰囲気も明るいです。

カラオケ店の二次会は、人前で歌うのに抵抗がない人には、思いっきりアニメ主題歌を歌えるのでオススメだと思います。

しかし、人前だとまったく歌えない(1人カラオケはよく行きます)人間が、ぼっちで参加すると正直つらいです。

私は終始合いの手を入れるだけの装置になっていました。ちなみに会話などはカラオケ室内では音量的に厳しかったので、もっとこの人と喋りたい!と思ってもカラオケ部屋では難しいです。

まとめ

今回、初めてコンセプト街コンの「アニコン」に1人で参加してみましたが、普段は人に話せないアニメや漫画などの、自分の趣味の話が出来て、1人で参加しても合コンの雰囲気は楽しめた気がします。ただ、せっかく複数のお店を楽しむ事が出来る街コンだったので、今度は別のお店にも気兼ねなくいける様にグループで参加してみたいと思いました。今回は男性だけではなく、同じ席に一緒になった女性達とも連絡先を交換することが出来たので、機会があれば、その方たちにお誘いの連絡をして次回、また参加してみようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 - アニコン