情報みがくネット

Just another WordPress site

*

バレンタインチョコを郵送する方法は?ダンボールや包装の仕方はどうする?

      2017/02/07

遠くに住んでいる彼氏や家族に、
購入したバレンタインチョコを渡したいけれど、
食べ物の荷物ってどうやって郵送すればいいだろう?
そんな疑問がある貴方に、バレンタインチョコを送る方法や、
チョコを入れるダンボールや袋など、包装のやり方など具体的に紹介していきます。

バレンタインチョコを郵送するには?

バレンタインチョコを郵送するには、身近な場所だと郵便局を利用するといいですよ。

私は、手紙やハガキのように郵便ポストに入らない荷物は、郵便局の窓口で「定形外郵便」という普通郵便を利用してします。

定形外郵便でバレンタインチョコレートを発送する場合は?

紙袋や箱で包装した品物に、送りたい相手の住所・名前(宛名)と、差出人が分かるように書いた自分の住所・名前を書いた紙やラベルシールなどに記入して、紙袋や箱の目立つ場所に貼り付けます。

それを、郵便局の窓口まで持って行き、荷物のサイズや重さを量り、その分の料金を支払って郵送してもらいます。

定形外でチョコを送るときに気をつけたいポイント

定形外郵便でチョコレートを送りたい時に注意したいのが、常温保存でも大丈夫なチョコレート菓子なのかです。定形外郵便は、常温で郵送されるので、トリュフやケーキ類、生チョコなど賞味期限が短い物や、手作りチョコの発送には向いていません。また、日付指定ができないので、どうしても2月14日当日に届けたい!という人にも向いていません。

ゆうパックでバレンタインチョコを郵送する方法は?

その他にも、「定形外郵便」などの普通郵便サービスより、
料金は少しかかりますが、オプションが付いている「ゆうパック」という宅配サービスを使う方法があります。

ゆうパックとは?

・配達日時指定
・再配達
・追跡
・お届け通知
・損害賠償
などの安心な保障サービスがある「ゆうパック」の宅配サービスのこと。
また、地域によっては、温かい気温なのでチョコレートが溶ける心配がある際は、
冷蔵したままで品物が発送出来る、「チルドゆうパック」などの宅配便サービスも
利用することができるので、郵便局の方にたずねてみて下さいね。

郵便局以外でもゆうパックはコンビニから発送できる。

ゆうパックの場合は、郵便局意外でも、
限られたコンビニですが、ゆうパックの伝票があるので荷物を出すことも出来ます。
ローソン、ミニストップ、セイコーマート、ローソンストア100から、
ゆうパックを発送することができます。

ちなみに、ゆうパックの伝票には、2種類あります。

郵送料金を送り主が支払う「元払い」と、届いた住所の住人が料金を支払う着払いです。
当然バレンタインプレゼントなので、元払い伝票を使い、
レジで、送る人が郵送料金を、支払いするようにして下さい。
また、気にかけておきたいのが、集荷の日時です。
いくら日時指定ができるゆうパックでも、
バレンタインデー前日の夜などギリギリに受付しては2月14日の当日に、間に合わないません。

バレンタインデーにチョコレートを届ける為には、
余裕を持って持ち込むようにしたいですね。

バレンタインチョコを郵送する場合の包装方法は?

プレゼント用にラッピングされたバレンタインチョコに、切手を貼り、そのまま郵送することも可能ですが、その場合は、箱も中身もつぶれたり壊れてしまいます。

そうならないように、バレンタインプレゼントを入れるためのダンボール箱や、外袋を用意しましょう。
ダンボール箱自体は、スーパーなどのレジ近くで「ご自由にお持ち帰り下さい」という風に、無料で手に入れることもできます。
けれど、バレンタインのプレゼントが入っているなら、ダンボールもキレイなほうがいいですよね。
包装用品は、ホームセンターでダンボールを買うか、100ショップの包装用品コーナーでちょうど良いギフトボックスなどの入れ物を使うと手っ取り早いです。

ダンボール箱以外に、外袋に入れて郵送したいときは、チョコレートを買った時のビニール袋や、ショップの紙袋に入れて郵送することも出来ます。

また、郵便局でもダンボール箱・紙袋の包装用品も販売してます。
こちらは「ゆうパック」と外側デザインに記載されていますが、ゆうパック意外の普通郵便でも使えます。

バレンタインチョコが壊れないように守る包装方法は?

せっかく可愛くラッピングされているのに開けたら中のチョコレートが割れていた……。
なんてことになったら、勿体無いですよね。
そこで、郵送するときは中身のチョコが壊れないように、梱包をしましょう。

ラッピングされたチョコレートを保護する為には、
ホームセンターや、100円ショップでも販売されているプチプチで包むのがオススメです。
チョコの入れ物の缶や箱が潰れたら困る場合は、
衝撃を緩和するクッション材として、品物の周囲に、隙間なく
ダンボールや紙袋の中に詰めて、品物が動かないようにして下さいね。

 

スポンサーリンク

 - イベント