情報みがくネット

Just another WordPress site

*

ノロウィルスの症状は?嘔吐した時の子供の水分補給や食事の方法は?

      2017/01/13

冬になると寒いだけじゃなく、風邪やインフルエンザ、
そしてノロウィルスなどでウイルスが原因で体調不良になりやすい季節です。

テレビでも保育園や小学校といった場所や老人ホームなど、
子どもやお年寄りのウィルスによる集団感染を防ぐ為に、
もち付きなどのイベントも中止するなどニュースで取り上げられています。
そんな流行しやすいこの時期に、
子どもが急に吐き戻したり、腹痛をうったえてきたら心配になりますよね。
また、具合が悪くて苦しんでるお子さんだけじゃなく、
お世話する方のお母さんも大変だと思います。

まずは落ち着いて、目の前の事に対処していきましょう。
また、もし原因がノロウィルスだった場合に備えて、
看病するお母さんや周囲のひとに、うつらない様に配慮することも大事です。
案外、家族の中で、一番最初に具合がわるくなってしまった子よりも、
仕事や、看病疲れの大人のほうが、抵抗力が弱っていて
症状が重くなってしまったりする場合も
あるようなので、出来るだけ食事や睡眠は無理せず取って下さい。

小さな子どもの嘔吐や急な下痢の症状。もしかして……?

一般的に、ノロウィルスやロタウィルスなどが要因で冬の感染症にかかってしまうと、
吐き気や嘔吐、下痢、腹痛、悪寒や発熱などの症状が出てきます。

小さいお子さんが、とつぜん大量に吐いてしまったり、
短い間に何度も吐きそうになっている時や、
水っぽいうんちが出てしまった場合、ノロウイルスやロタウイルスなどによる、
感染症を疑ったほうがいいかもしれません。

ノロウィルスの潜伏期間はどれくらい?
ノロウィルスの感染から発症するまでの時間は24~48時間といわれています。
ノロウィルスについては、特効薬のようなワクチンはなく、
治療は輸液などの対症療法に限られています。
通常は、これらの症状が1~2日続いた後に、治癒に向かっていき後遺症もありません。
引用:ノロウイルスに関するQ&A/厚生労働省ホームページ

また、感染しても発症しない場合もあり、
飲食店のバイトで検便を提出するさいに陽性反応が出て気付いた。
なんて場合もありえます。


また軽い風邪のような場合もあり、
少し休んだら具合が良くなっていたという事も。

いつもの風邪と様子がちがう?こんな場合は受診しましょう。

いつもと違う症状に気づいたら、すぐに病院にお子さんを連れて、適切な手当てと
アドバイスをお医者さんから受けましょう。
・口の中や肌が乾燥している。
・おしっこが出ない
・水分を飲ませても受けつけない。
・大量に嘔吐してしまう。吐き気が激しい。
・頭痛や腹痛をうったえている。
・呼びかけても反応がにぶくて意識がもうろうとしている。
・顔色や唇の色がよくない。
・初めてのひきつけ。
・息苦しそうにしている。
・生後3ヶ月未満の赤ちゃんの発熱。

症状の悪化を防ぐには?水分補給や食事は?

体の具合が悪いときは、体が必要とする水分はふだんより必要になってきます。
特に下痢の症状があるときは、胃腸の働きが弱っていて、
食物の消化が不十分のまま水分も一緒に短い時間で排泄されてしまいます。
そのため、小さい子どもの場合は、本人は体調が悪くて、
自分から進んで積極的に水分を取ることが出来ないので、
脱水症状などの症状を引き起こしてしまいがちです。

私の弟も、幼稚園の頃に風邪が長引いて悪化してしまい、食欲どころか、水分を取るのもダルそうでした。
その後、両親に病院に連れていかれ、脱水症状と診断されて入院・点滴コースでした。


そのため、小まめな水分補給をしてあげることが大切です。

適度なミネラルが取れる麦茶や経口補水液、糖分が入った甘いりんごジュースなど、
お腹に負担をかけない、飲み物、吸い物を少しずつ、こまめに飲ませてあげて下さい。

乳児のお子さんの場合は、薄めのミルクや重湯、麦茶など飲ませてあげます。
お子さんの水分を飲ませてあげるときは、
一度にたくさん水分をあげてしまうと吐いちゃう子が多いので、
水分は少しずつこまめに飲ませてあげて下さい。
一口二口あげて、少し様子を見て、
大丈夫そうだったら徐々に飲む量を増やしてあげてくださいね。
また食事は、体力をつけさせたくて、食事を取らせようとしても、
食欲より吐き気が強くて体が受け付けない事が多いです。
そういう時は、無理に食べさせようとしなくてもいいので、
水分補給をこまめに取らせてあげて下さい。
通常、ノロウィルス胃腸炎などによる嘔吐や激しい吐き気は、
翌日くらいから徐々に治まっていくので、症状が落ち着いたら、
うどんやおかゆなどの消化が良くて温かい食事や食べやすいものを、
お子さんに食べさせてあげれば大丈夫です。

ノロウィルスってどうやって感染するの?

感染力が強いといわれているノロウィルスに二次感染してしまうパターンは主に、
生ものや加熱が不十分な食べ物が口から入りノロウィルスに感染する経口感染と、
くしゃみなどで人から人へ、二次感染してしまいウィルス性急性胃腸炎に
なってしまう場合もあります。

感染経路はおもに経口感染です。
・食品媒介感染(食中毒)
・接触感染(感染した人の糞便や嘔吐物に触れてたり、感染した人の手指等に付着したウイルスがドアノブやオムツ台に付いていた)
・飛沫感染(排泄した物や嘔吐物が飛び散り、その飛沫が乾燥してチリやほこりとなり空気中を漂い、それが口から入った場合)

適切な後始末でお母さん・家族への感染予防をする

自分や家族が二次感染をしない為にも、感染予防に気を配りましょう。

・お子さんと接するときは、マスクを着用する。

・食事の前の手洗いは二度洗いすること。また、手洗い回数が多いと、どうしても手が乾燥して手荒れの原因になりますので、夜はハンドクリームを付けて寝るのがオススメです。

嘔吐した時の後始末の方法は?

嘔吐した物を片付ける時には、ウィルスを吸い込まないようにマスクを着用します。また使い捨てビニール手袋も用意するといいです。

使い捨てのペーパータオルやティッシュ、捨ててもいい雑巾や古いタオルなどで拭き取ります。掃除に使ったマスク・手袋や雑巾などは捨てて下さい。

吐しゃ物が、かかった部分を消毒するのに有効なのが、次亜塩素酸ナトリウムや家庭用の塩素系漂白剤(キッチンハイターなど)です。

ノロウィルスは厄介なことにアルコール系消毒液では消毒が不十分です。

また、これらの液体を使用するときは、色柄物のエプロンや洋服に、液体が付いたりすると、変色してしまったり、色が抜けてしまうのでお気に入りの物には使用しないように気を付けて下さいね。

吐しゃ物などでカーペットなどの布製品が汚れてしまったときに、次亜塩素酸ナトリウムを消毒に使ってしまうと色落ちしてしまいます。

そのような場合は当て布を敷いてアイロンによる85℃以上で2分以上の高温殺菌処理が効果的です。

そして、亜塩素酸ナトリウムなどの液体で掃除するときは、直接液体にさわってしまうと手が荒れてしまうので、ビニール手袋は着用して下さい。

吐しゃ物がかかった洗濯物はどうする?

シーツなど、色落ちしないものは、塩素系漂白剤で洗濯すればOKです。

塩素系漂白剤が使用できない衣類などの洗濯物は、熱湯に15分以上付けて高温殺菌処理します。

また、洗濯し終えたら、今度は洗濯機の洗濯層の除菌もさいごに必要です。

漂白剤を通常のお洗濯に使う分量と、水を入れて洗濯機を回して除菌しましょう。

台所で気をつけるポイント

食器や調理器具は家庭用の塩素系漂白剤で消毒するようにしていきましょう。

料理で加熱消毒するときは、食品の中心まで85℃以上の高温で90秒以上の加熱調理が必要です。

 

スポンサーリンク

 - 健康